「化石探検ワークショップ」~牡鹿半島を海から観察


桃浦の漁師さんの舟2艘で桃浦港を出発。無人島の小鯛島北岸に上陸してしばし観察を行う。

島の南に位置するおわんだ湾への上陸は、地盤沈下が激しく、断念せざるを得なかった。狐崎の君ヶ金崎に上陸し、層理に沿った浸食などの微地形を観察する。

牧の崎では、褶曲のモデルとして教科書にも載っている、見事に美しく大きな弧を描く褶曲を観察。帰途福貴浦湾奥の褶曲を再び舟上から観察し桃浦港へ戻る。


海上から牡鹿半島を観察すると、半島を形成する地層の変遷(地球の歴史)が実感される。

参加者の声:

牧の崎の見事な褶曲に感動した。

地球の歴史を感じた。

震災による地盤沈下を改めて実感した。


最新記事
カテゴリー
タグから検索
まだタグはありません。
アーカイブ

All RIghts Reserved by Tabunoki Network Ishinomaki