「ピザ窯をつくろう」


日 時:2020年10月4日(日)10時~13時半 場 所:洞仙寺の森 ― 森の駐車場に集合 ― 参加者:23名(小学生5名 中学生1名)


雨で延期されていたピザ窯作りを行う。

工事で長い間使えなかった森の駐車場が使えるようになり、森への道は、洞仙寺さんや会員により草が刈られ、以前より広くなっている。また、早く到着した会員が資材を現場まで運んでいた。

森の中のピザ窯設置場所は、会員により1m四方の土が掘り下げられ、小石を敷きつめて、柵で囲まれていた。 

松浦会員が仕事の手順を説明し、早速作業を開始する。

① 側の谷川から水中の砂利、小石、大石(10~50㎝)を拾い集め、バケツで運ぶ。

② 砂利、小石を基礎部分に敷きつめ、会員手製の<どんづき>で、平に突き固める。


③ ジャリコン(砂利+セメント)を練り、敷きつめた小石の隙間を埋め込みながら鏝(こて)で表面をならす。この作業を2度繰り返す。


④ その後、大きい石を縦並びと横並びに交互に2段重ねてホームコン(砂+セメント)で目地を埋め込み固定する。この作業を繰り返す。



昼食後、次回の準備に再び大きな石を運び、一回目の作業は終了する。

参加者は石を運び、並べ、突き固め、鏝(こて)を使ってのセメント打ちなど、作業を通して

沢山の知恵を学ぶことができた。

作業の合間、小中学生は森の中の草花を見、水中の生物を網ですくったり、虫を捕まえたり、ハンモックで揺られたり、遊具で遊んだりと自由に動き回る。


木の中に虫がいたよ       クモかな?           ザトウムシだ! 

シーソ-あったよ               すべり台おもしろい 

ハンモック遊び「疲れたなあ~」        遠くでブランコ

                                      


空気が澄んでいたので木立を眺める。ちょっと薄曇りである。

コンクリートが固まる前の雨を心配したら、あまり早く乾燥しない方がいいので大丈夫らしい。


次回は12月初めに火入れを行う予定。

※その後ピザ窯は燃焼室が組み上がり、焼き床におおいを被せるところに

 きました。会員が微調整しながら制作中です。

12月の火入れをお楽しみに!

   














最新記事
カテゴリー
タグから検索
まだタグはありません。
アーカイブ

All RIghts Reserved by Tabunoki Network Ishinomaki