検索
  • たぶのきネットワーク石巻

雅楽出前授業

最終更新: 2019年12月15日


日時: 平成30年 3月7日 10時25分~11時10分

場所: 東松島市立大曲小学校

講師: 石川 高(笙)中村仁美(篳篥) 中村香奈子(龍笛)

参加: 5年生、6年生 90名

協力: たぶのきネットワーク石巻

3.11の震災の津波により、この地域も大きな被害を受けました。

そして、7年が立ち、学校は修復され、生徒たちの「おはようございます」の 元気な声にほっと致しました。

今回の出前授業は、雅楽演奏を聴き、楽器の体験です。はじめに越天楽(えてんらく)の調べが教室中に広がると、生徒たちは静かに聞き入り、その姿が印象的でした。

講師の先生方と声を出して唱歌の練習をし、実際に笙(しょう)や篳篥(ひちりき)の音を出して、古くからの楽器に触れてもらいました。

龍笛(りゅうてき)は、講師の方の指導を受けながら全員で練習をしました。なかなか音が出ず戸惑う子,音を出せて嬉しそうな子と龍笛の難しさも貴重な体験でした。

生徒たちからのいくつかの質問にも丁寧に答えて頂きました。

「龍笛の片方が閉じてあるのは?」「それは、笛のバランスのため、重りが入っています」

「難しい曲は?」「1時間位長い曲もありますが、難しい曲をやり切ったときは、うれしいですね」等々、生徒たちは大きくうなずいていました。

最後は、生徒たちの知っている曲とのことで、「花が咲く」を雅楽にてアレンジし、そのメロディは教室にやさしく響きわたりました。

初めての雅楽の調べと楽器とのふれあいの体験は、いにしえから続く伝統の音色として、みんなの心に残ることでしょう。

この授業は同校杉山昭夫先生の「生徒たちに雅楽の調べを聴かせたい」との思いが、講師の方々の心を動かし実現しました。

校長先生はじめ諸先生方のご協力に感謝いたします。


47回の閲覧

All RIghts Reserved by Tabunoki Network Ishinomaki